連慶寺

 

この寺は新潟県より岩見暁子師が創立した

境内には大きな五輪の塔があるが、幕府は銅の大量需要に応えるため足尾銅山に因州(鳥取)から優秀な山先役として吉田太郎上門春安を派遣した。

塔と墓は息子孝子政次 によって建てられた。

また、この左手奥に簀子鉱山神社の鳥居がある。

さらに、この寺の上流に勝道上人が修行をしたといわれる不動滝がある。