龍蔵寺

その昔!勝道上人の弟子たちが足緒→足尾を開拓していき寺を建て修行したが、松木の大火で古い縁記帳は焼けてしまったのが残念である
無縁墓の前にたたずむと、何とも言われようのない感情がこみあげてくる
無縁墓と対岸の足尾製錬所の大煙突がまるで対照的に対峙している
坑夫たちの共同の供養墓である。渡坑夫の墓もあちこちに点在している。
この寺の住職であった墓がまとまっている。

鳳夢城と香樹林は明治維新に謀反を図り処刑されてしまったが、男気のある人柄と伝えられている。