インフォメーション

古河足尾歴史館&古河掛水俱楽部休館のお知らせ

緊急事態宣言に伴いまして、8月20日から9月末まで休館させていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

候補.jpg

県の指導による三密回避講演だったのですが、昨今の感染拡大状況により、開催日を変更させていただきます。参加の皆様には大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

第1回講演日時:令和3年8月29日日曜日➡令和3年11月開催予定

詳細については、追ってお知らせいたします。

pdf A4チラシPDF.pdf (0.75MB)

2021年タイムリーなNHK大河ドラマで話題の澁澤栄一も共同経営となっている足尾銅山は明治中期に近代化、産業化を成し遂げ、その技術はシカゴ万博、パリ万博にも出展され、世界に日本の技術の高さを示しました。

この時期の足尾銅山を映しているものが、田代古崖画伯が描いた足尾銅山圖繪であり、そこには当時の近代機器の操業風景に加え、そこで働く坑夫さん、女工さんなど余すところなく描かれており、世界でも類を見ない産業図絵となっています。

この機会にこの圖繪を一度手に取って見ていただけましたら幸いです。

第1回講演:令和3年8月29日日曜日13:00から 足尾公民館大会議室【予約期間:8月18日~8月24日 10:00~17:00】

第2回講演:令和3年10月31日日曜日 14:00~栃木県総合文化センター【予約期間:10月18日~10月23日 10:00~17:00】

第3回講演:令和3年12月12日日曜日 14:00~日光市中央公民館中ホール【予約期間:11月29日~12月4日 10:00~17:00】

講師:足尾銅山の世界遺産登録を推進する会副会長多島信彦

※各会場:定員50名(電話予約のみ先着)参加料:無料 受付:事務局奈良部(Mobile:090-2259-7343)

※当日は参加者に冊子を配布し、それに沿った講演をいたします。

※当日は体温37.5以下の方・マスク着用にてご参加くださいますようお願い申し上げます。

主催:足尾銅山の世界遺産登録を推進する会  後援:栃木県・日光市・(一社)日光市観光協会・下野新聞 

候補.jpg

 

 

1